artist

大西順子

大西順子:ピアニスト

1967 年 4 月 16 日、京都生まれ。東京に育つ。1989 年、ボストン、バークリー音楽大学を卒業、ニューヨークを中心にプロとしての活動を開始し、ベティ・カーター(vo)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、ジャッキー・マクリーン(as)、ミンガス・ビッグ・バンド、ミンガス・ダイナスティらと共演する。1993 年 1 月、デビュー・アルバム『ワウ WOW』』を発表。大ベストセラーとなり、同年のスイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞を受賞。1994 年 4 月、セカンド・アルバム「クルージン」が米国ブルーノートより発売される。5 月、NY の名門ジャズ・クラブ“ビレッジ・バンガード”に日本人として初めて自己のグループを率いて出演し、1 週間公演を行う。同公演を収録した、『ビレッジ・バンガードの大西順子』は、スイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞銀賞、出光音楽賞を受賞。1995 年のスイングジャーナル誌読者投票では、<ジャズマン・オブ・ジ・イヤー>をはじめ、<アルバム・オブ・ジ・イヤー><コンボ><ピアノ>の 4 部門を受賞。人気実力ともに日本ジャズ・シーンのトップに昇りつめる。その後日本のジャズの牽引者として縦横無尽の活躍を果たし、近年の本格的な女性ジャズ・ ミュージシャン・ブームの先駆けともなるが、2000 年 3 月の大阪公演を最後に突然の長期休養宣言。2007 年、多くを語らず活動再開。かつての力強く、グルーヴ感あふれるプレイに加えて、繊細さも兼ね備えたダイナミズムあふれる演奏は、大きな話題を呼ぶ。2009 年 7 月、実に 11 年ぶりのアルバム『楽興の時/MusicalMoments』をリリース。11 月にはベルリン・ジャズ・フェスティヴァルに自己のトリオで出演。2010年 3 月には、『バロック』をニューヨーク・レコーディング。同世代のファーストコールのミュージシャンをずらりと揃え、ダイナミックでリッチなアコースティック・ジャズ・サウンドを存分に披露。この作品は全世界発売され、米ジャズ雑誌でのポール獲得など、高い評価を得た。オーチャードホールでの CD 参加メンバーによる豪華なコンサートは大きな話題となる。2012 年夏、突然の引退宣言。2013 年9月、クラシックの祭典「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」へ出演。小澤征爾氏の猛烈な誘いに負け、一夜限りの復活とし出演を決める。小澤征爾率いるサイトウ・キネン・オーケストラと大西順子トリオの共演は、この夏の大きな話題となり、素晴らしい反響を呼ぶ。2015 年 9 月、東京 JAZZ へ出演。日野皓正&ラリー・カールトン SUPER BAND のサポート・メンバーとして出演し、その圧倒的な存在感でシーンに復帰を飾る。2017 年 11 月、自身初のバラッド・アルバム『VerySpecial』と、レギュラートリオによる『Glamorous Life』を2枚同時リリースし、JAZZ JAPAN AWARD2017 アルバム・オブ・ザ・イヤー、CD ショップ大賞 ジャズ部門受賞する。2018 年 12 月、レギュラートリオに 3 管を据えて録音された、大西順子セクステット『Ⅻ』を発売。2019 年7月、実に 23年ぶりとなるライブ録音アルバム『Junko Onishi presents JATROIT Live at BLUE NOTE TOKYO』を発売。2019 年 12 月、The Sextet Plus による新宿 PIT INN 3DAYS のライブレコーディング公演を収録した『Ⅵ』 を発売し、2020 年 7 月には、その公演の完全版『Unity All』(Live in Pit Inn 3 枚組)を発売予定。現在も日本を代表するジャズピアニストとして圧倒的な存在感を示している。