Event イベント終了

JUNKO ONISHI TRIO at Shinjuku PIT INN

LIVE 67日 日曜 11:00 - 13:30
archive
630日 火曜 14:59 まで
hashtag #junkoonishi

ライブ配信中は回線の都合により視聴しにくい状況がございました事、お詫び申し上げます。
アーカイブ期間につきましては当初一週間の予定でしたが、6/30(火)まで延長させて頂きます。

既にチケットをご購入いただいております皆様はこちらのページからご覧頂けます。
また、アーカイブ期間中にチケットをご購入いただきます方も、アーカイブ動画をご覧になれます。



昨年11月末に敢行した、セクステットプラスによる怒濤の3daysライブレコーディング、ピットインでなければできなかったことでした。
あの空間だからこそ生まれたみんなの素晴らしい集中力、お客様の固唾を飲んで見守ってくれるあの空気、どれも、ピットインでしか実現しないものだったと思います。

そんな素晴らしい場の共有を失ってしまった今、私達はそれでも、音楽や全ての文化の持つ力を信じて疑いません。そして今、その力の価値を改めて実感します。

こんな状況下でも多くのアーティストが配信という手段を使い皆様に勇気を与えようとがんばっています。そして、私もピットインという常に新しい挑戦を歓迎してくれ続ける場で今年結成したばかりの新しいトリオの船出を無観客配信のライブでスタートすることとなりました。新しい試みです。色々な不備もあるかもしれません。当たり前だったライブの臨場感には及ばないかもしれません。
それでも、これから先も音楽や文化を失わないために、可能性を捨てず前に進もうとするためにも、そして、近い将来また皆様と思う存分ライブを楽しめる日が来るまで、ぜひ今回のライブ配信をお楽しみください。

大西 順子



大西順子(pf)

1967 年 4 月 16 日、京都生まれ。東京に育つ。1989 年バークリー音楽大学を卒業、 ニューヨークを中心にプロとしての活動を開始し、数多くのジャズ・ジャイアンツと活動を共にす る。1993 年、デビュー・アルバム『ワウ』を発表し大ベストセラー作品とする。1994 年、NY の 名門ジャズ・クラブ“ビレッジ・バンガード”に日本人として初めて自己のグループを率いて 1 週間公演を行う。同公演を収録した、『ビレッジ・バンガードの大西順子』は数多くの賞を受賞 し、人気実力ともに日本ジャズ・シーンのトップに昇りつめる。その後も日本ジャズの牽引者として 縦横無尽の活躍。2013 年、「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」出演し、小澤征爾率いるサ イトウ・キネン・オーケストラと共演。2019 年 12 月、The Sextet Plus による新宿 PIT INN 3DAYS のライブレコー ディング公演を収録した『Live Ⅺ』 を発売し、2020 年 7 月には、その公演の完全版『Unity All』(Live in Pit Inn 3 枚組)を発売予定。現在も日本を代表するジャズピアニストとして圧倒的な存在感を示している。

井上陽介(b)

1964 年7月16日、大阪生まれ。大阪音楽大学作曲科卒。91年よりニューヨークを拠点に活動。97年には初リーダーアルバム「スピークアップ」を発表をリリース。在米中、ドンフリードマン、ハンク・ジョーンズなどの数々のグループでのレコーディングやライブハウスやヨーロッパツアーでの演奏など国際的に活動。2004年には活動の拠点を日本に移す。2009年、小曽根真、渡辺香津美などをゲストに迎え録音した6枚目のリーダー作となる「LIFE」がリリースされる。なお2007年度から3年連続スイングジャーナルの人気投票では1位など常に上位にランクされる。現在、自己のグループ他、塩谷哲、大西順子、渡辺香津美、佐藤竹善などのレギュラーメンバーとして活動の他、数々のセッション、レコーディングに参加し日本のみならず海外でも精力的に活動。最新アルバムは2019年1月に発売した「New Stories」。

吉良創太(ds)

1989 年⽣まれ。⾼知県出⾝。東京⾳楽⼤学打楽器科を経て同⼤学院修⼠課程修了。⼤学院在籍中に給費奨学⽣に選ばれる。打楽器を菅原淳、岡⽥真理⼦、藤本隆⽂、明神あけみの各⽒に師事。ドラムを岩瀬⽴⾶、⼩松伸之、吉川英治の各⽒に師事。⼤学院在籍中に⽇本ジャズ界の巨匠、鈴⽊勲(b)のバンドへの加⼊で本格的なプロ活動を開始する。そして⼭⼝真⽂(ts)、⻄尾健⼀(tp)をはじめ様々なバンド、ミュージシャンのもとで多くの経験を積む。2019 年にはマイルスデイビスとの共演で知られるケイ⾚城(p)トリオに参加。現在都内を中⼼に様々なグループ、セッションで演奏している。現在のレギュラーバンド、サイドワークは⾃⾝のブログ https://ameblo.jp/nasuo891230/ に詳しい。また打楽器奏者として打楽器アンサンブル集団 DA・DA・DOUN を主宰。演奏会等は不定期ではあるがこちらも地道な活動を続けている。⽇野皓正 presents jazz for kids 世⽥⾕ドリームジャズバンドでドラム講師を担当。若⼿ながら確かなテクニックと歌ごころあふれる演奏で、魅⼒的な⾳楽を追求している。

注意事項

  • 本公演はインターネットでの公演となります。
  • チケットをご購入頂きましたら、メールが送付されます。メールに視聴手順等が記載されておりますので、あらかじめご確認ください。
  • 視聴に関わるインターネット通信費、回線費等はお客様のご負担となります。
  • 動画配信となりデータ通信量が多くなることが想定されるため、安定したインターネット環境(Wi-Fi等)のご利用を推奨します。
  • 生配信中は、途中から視聴した場合はその時点からのライブ配信となり、生配信中は巻き戻しての再生はできません。アーカイブ配信を実施する場合、生配信終了後に巻き戻しての再生が可能となります。
  • 配信には最善の準備を行い実施致しますが、生配信である特性上、不慮の一時停止や乱れなどが起こる可能性がある点、ご了承ください。